うつ病の原因や薬の副作用と向き合う方法を知ろう

診察の内容とは

レディ

うつ病の症状は、心と身体の両方に現れます。また、その症状の違いから処方される薬が変わってくるので、診察のときにはしっかりと医師の質問に答えましょう。心療内科に診察に行ったことがない人は、どんな内容の質問をされるのかと怯えてしまうと思います。初診のときによく聞かれる質問は、それぞれ違うことを確認しているので、しっかりと受け答えできないといけません。また、自分の症状を話すのが怖いと思ってしまう人もいるでしょう。そこで、心療内科を受診したときに聞かれる質問を紹介していくので、それを参考に心療内科の診察を受けてください。
まず聞かれるのが、発症の原因についての質問です。これは、その人がうつ病を発症したきっかけを知ることが目的です。そこからさらに、その人が何を原因にうつ病を発症したのかを詳しく聞いて理由を明確にしていきます。そうすることで、カウンセリングの内容や処方する薬が決まってきます。つぎが病前性格を診断する質問です。これは、その人のうつ病がどういう種類のものなのかを知るために行なう質問です。うつ病の種類によっても治療薬や治療経過が変わってくるので、重要になってきます。つぎが家族歴に関する質問です。うつ病の中には、親からの遺伝が影響して発症する場合があります。それを確認するために、血縁者に精神疾患を患っていた人がいるかを聞いていきます。最後が、生活歴に関する質問です。これは、職場の環境のほかに幼い頃のことなど、その人が今までどのような生活を送ってきたのかを聞きます。これは、うつ病が発生した原因が今抱えているストレスではなく、学生時代や幼い頃の生活状況と関連しているのではないかという考えに基づいて質問しています。もし、昔の生活が原因の一つだった場合には、投薬治療と平行してカウンセリングを多く取り入れていくのです。
心療内科で始めて診察を受けたときには、これらの項目に沿っていくつもの質問をじっくりと聞いてきます。それを元に医師がうつ病の度合いを診断します。そして、治療の方向性や治療薬の種類を決めていくのです。もし、医師と話しをするのが辛いと思った場合には、あらかじめ症状などを紙に書いてから診察を受けるのがおすすめです。また、診察に付き添ってくれる人がいると心強いものです。もし、一人で診察に行くことになっても、うつ病の改善のために勇気を出して診察を受けましょう。

To Top