うつ病の原因や薬の副作用と向き合う方法を知ろう

様々な副作用

医薬品

うつ病に効果のある治療薬には、いくつもの種類があります。また、そのほとんどが薬の効果よりも先に副作用が出てきます。そのため、うつ病の治療薬を服用する前に副作用を知っておくといいでしょう。そうすることで、薬の副作用が苦しいと感じたらすぐに医師に相談することができます。そこで、うつ病に効果のある薬の副作用についてまとめていくので、これを治療のときには、参考にしてみてください。
一番現れやすい副作用が、性機能障害です。性欲の減退や勃起不全や射精障害などの症状がでてきます。つぎが、強い眠気に襲われます。これは、うつ病の治療薬に現われる副作用です。しかし、逆に不安に駆り立てられることが原因で不眠が続くことがあります。これは、抗うつ作用の強い薬でまれに出る症状です。また、薬によっては興奮状態が続いて不眠になることもあります。薬の副作用で頭痛に悩まされている人も中にはいます。鎮痛剤を服用することで、治まることがほとんどですが、気になるなら薬を変更するといいです。服用しているうつ病の治療薬の副作用で急激な体重変動があったり、拒食や過食の症状が現われたりします。もし、そのことで、体調に変化が出た場合は、医師に相談してみましょう。次に口の中が渇くことがあります。それを解消するために常にガムや飴を口に入れている人がいます。しかし、これを続けていると虫歯や体重増加の原因になります。もし、ずっと口の中になにか入れていたいのなら、砂糖が使われていないものがいいでしょう。ほかにも、目がかすむという副作用がでるときもあります。その場合には、症状が悪化する前に医師に相談して薬を変えてもらいましょう。そうすることで、より行動に制限がなくなるので日頃の生活による目標も達成しやすくなり、治療がスムーズに行なえます。つぎが排泄障害です。膀胱内に菌が増殖したり、排尿が困難になってしまうのです。また、ずっとお腹が張っているのに尿がまったく排泄されないことがあります。これを尿閉と言って自分では尿を排泄できなくなってしまうのです。そうなってしまうと、膀胱に尿が大量に溜まるので、膀胱炎になったり腎盂腎炎という腎臓にまで尿が溜まってしまう病気になるので、少しでも疑問に思ったらかかりつけの医師に相談するか、泌尿器科の病院に診察を受けるといいでしょう。
治療のために服用している薬の副作用は、見逃しがちです。それによって体調が悪化したりうつ病が悪化したりする場合が多いです。それを防ぐために、いつもの体調を記録して通院した時に医師に見せるといいでしょう。

To Top