うつ病の原因や薬の副作用と向き合う方法を知ろう

診察の内容とは

レディ

うつ病の診察方法と聞いても、いまいち想像できない人やどんなことを聞かれるのかと怯えてしまう人もいます。その不安を解消するためにも、よく聞かれる質問を把握し、今後の治療法や処方される薬のことについて医師と相談していきましょう。

詳細へ

様々な副作用

医薬品

うつ病に効果のある治療薬のほとんどが、薬の効果よりも先に副作用が出てきます。そのため、自分の体調やうつ病を悪化させないために治療薬の副作用を知っておくことが重要です。

詳細へ

うつ病の原因を知ろう

男女

近年、うつ病の認知度が高まっています。また、心因性の病気の治療に対する誤解もなくなってきています。しかし、うつ病になったら心が弱いという考えから、中々治療に踏み切れない人がいます。また、うつ病は投薬治療が主流ですが、うつ病の治療薬は身体に影響がでるものも少なくないため、薬を服用して周りに迷惑をかけたくないと治療をしない人もいます。そこで、うつ病が何を原因に引き起こされるものなのかを知っておきましょう。そうすることで、納得して治療を受けられます。

うつ病の原因は、精神的ストレスだけだと思っている人が多くいます。しかし、うつ病はさまざまな負荷が原因でなってしまうものです。主な原因と言われているストレスは4つあり、それらを知っておけば、生活習慣を改善するだけでうつ病が解消できるのでオススメです。そのため、うつ病の原因になるストレスの種を解説していくので、それを参考に日常生活を過ごしてみてください。まず1つ目が、精神的ストレスです。人間関係などの「嫌だ」と思うことがストレスとして脳が認識しています。これは、私達が日常生活をおくっていく中で頻繁に感じているものではないでしょうか。また、ストレスと聞くと多くの人が精神的ストレスと認識しますが、それを思い詰めてしまうとさらにうつ病を悪化させてしまいます。2つ目が、構造的ストレスです。それは、身体の歪みを脳がストレスに感じてしまうのです。うつ病に関係のある身体の歪みは、あごや頭蓋骨、骨盤や背骨などの歪みが原因で起こります。また、全身の筋肉や内臓、脳を保護している膜組織が歪んでいることが原因の場合もあるのです。3つ目が、化学的ストレスです。これは、主に体内で吸収されていく栄養素のことが挙げられます。必要な栄養素が不足した場合や、糖分やカフェインを過剰摂取すると、それを脳がストレスと認識するのです。また、化学物質や不快な臭いも化学的ストレスの原因になります。4つ目が、湿度や温度が原因のストレスです。これは、そのときにいる場所の温度や湿度が不快だと、それをストレスだと脳が認識してしまいます。また、気圧の変化による体調不良も同じことが原因です。なるべくストレスを溜めないように気をつけながら、自分なりの発散方法を見つけてみましょう。

うつ病の症状と治療方法

婦人

うつ病の治療中は、薬を服用していてもその症状が続くことが多くあります。治療を受ける前に、改めてどんな症状があるのかを確認しておきましょう。そうすることで、治療中に症状が現れても冷静でいられます。

詳細へ

To Top